【雑学】「お茶を濁す」は安いお茶を抹茶に見せかけること

いい加減な処置をして、その場をごまかしつくろうことを「お茶を濁す」という。

かつて抹茶は貴族や僧侶だけが楽しめる特別な飲み物。

明治時代に入ると庶民にもお茶が浸透したが、抹茶は高価なお茶だったため安価なお茶を飲んでいた。

それをなんとか抹茶にみせようとかき混ぜて濁したことから、

「お茶を濁す」という言葉が生まれたと考えられている。