【雑学】アインシュタインはノーベル賞の賞金を離婚の慰謝料にあてた?


もりみち

どうも、もりみち(@morimichi_t)です。今回の雑学はこちら!

 

「相対性理論」などで知られるドイツ出身の物理学者アルベルト・アインシュタインは、1921年にノーベル物理学賞に選出された。

しかし、彼はノーベル賞を自分が受賞することを見越していたようで、その賞金を慰謝料にすることを条件に、1919年、一人目の妻であるミレーバと離婚している。

アインシュタインの浮気によって夫婦としての信頼関係はすでに破綻していたが、ミレーバも彼がノーベル賞を受賞することを信じていたようで、相対性理論の論文作成を手伝ってすらいたという。