維持費が安くてなおかつカッコいいバイク【125ccのピンクナンバー】をオススメします

3月 11, 2019

どうも、もりみちです。

今回は私も実際に乗っていた125ccピンクナンバーの自動二輪車の良さについて書いてみました。

自動二輪免許を取得して何のバイクを購入しようか迷ってる方に参考になればと思います。

ピンクナンバー125ccバイクのススメ

 

 

はじめに

私は18歳の大学一年の時に車の免許を合宿で取りました。

そして、取得して一週間後にバイクの教習所に通いました。

車の免許を持ってるので筆記がなく実技だけで、値段も安く、車とバイクでトータル25万円ほどで、どちらの免許も取りました。

バイクを購入するにあたって、とても悩みましたが、125ccのバイクを購入して良かったです。
以下は私が実際に125ccのバイクを購入して五年ほど使用して
良かった点をあげていきたいと思います。

ちなみに私が購入したバイクは
125ccカワサキのエリミネーターというアメリカンバイクです。

とても渋くてカッコいいですよ。

是非参考にしてください。

 

保険料が安い

自賠責保険に加入しないといけないのてすが、

250ccからは保険料が年間2~3万円程度

その点125ccまでのピンクナンバーのバイクは保険料が1~2万円程度で相当安いです。

ファミリー特約ならもっと安いです。

毎月保険料を払うのに乗らない月もあったら、損した気分になります。

特にバイクは真夏と真冬はあまり乗らないので、

保険料が安い125ccのバイクはお得です。

 

スピードも出る

スピードもそこそこ出ます。

公道ですと、そんなにスピードは出せません。

しかし、原付よりも早い、ちょうどいい塩梅です。

私個人的にですが、原付でスピードを出してしまうと結構な回数切符を切られたことがあります。

しかし、ピンクナンバーでは、原付で早いくらいのスピードを出しても切符を切られたことはありませんでした。

そこそこ初速もあり、スピードも出せる。

ここが良さのひとつですね。

 

小回りがきく

小回りもききます。

正直危ないので、車体の大小にかかわらず、すり抜けはやめましょう。

原付よりは小回りはきかないものの、大型よりも小さいのでそれなりに小回りはききます。

 

重すぎない

まんがいち転倒、車体が倒れた場合でも、大型は女性が持ち上げるのは一苦労です。

その点ピンクナンバーは大型より重くないので女性でも持ち上げられます。

バイク教習の時、女子大生が400ccのバイクを持ち上げられなくて試験に落ちていたのを見たことがあります。

 

2ケツがもできる

ここもメリットの一つです。
原付はもちろん2ケツができないです。

あと、大型で2ケツをして、スピードを出すととても危険なのでちょうどいいスピードで2ケツもできるピンクナンバーはとてもお得感があります。

しかし、車体が大きくはないので、安定感が少しないかもしれないので、そこがネックです。

その他にガソリンがまあまあ入ります。
原付よりも多く入ります。

燃費に関しては、型の古さと車種によります。

 

デメリット

デメリットをいくつか紹介します

高速が乗れない

125cc以下は高速に乗れないです。250ccからです。
私も知らずに乗ってしまい、押して帰ったこともありました。
別にそこまでスピードを出さないので乗れなくてもいいです。

ピンクナンバーでスピードを出しすぎると恐いですから、下道でゆったりと走りましょう。

大型のバイクが横にいると萎縮する

これは私だけかもしれないですが、大型のバイクが、近くにいたり、信号待ちで一緒になると、そんなことはないと思いますが、ナメられてる気持ちになります。

私も横にハーレーダビッドソンが停まってたときはおとなしく走っていました。
あまり調子に乗るのはやめましょう。

長距離はキツイ

長距離を走るのはあまりオススメしません。
短い距離、中距離がオススメ。

私は大学生の時に愛用していたピンクナンバーのアメリカン、エリミネーターで京都東京間を往復したことがあります。
行きしなはとても楽しかったのを覚えています。

しかし、大型よりも安定性も少なく、風に揺られるのが恐かったです。

あと、長距離だとどうしても早く着きたいのでスピードを出そうとするのですが、なかなかスピードも出ずに時間がかかりました。

あと、やっぱり長距離だと高速を乗れたほうが圧倒的に早いので、下道だけではどうしても時間がかかってしまいます。

極めつけは、復路で京都に帰ってきたときに、私のバイクが故障してしまいました。
その理由としては、まず、長距離を走るのに適したバイクではないということです。
ピンクナンバーは長距離には、適しません。

その中でもカブは車体が丈夫で、長距離にも適しています。

しかし、スピードは出せません。
ピンクナンバーでもし長距離を走りたい場合はカブを購入しましょう。
それ以外を購入するなら長距離は避けましょう。
故障してしまいます。

まあメンテナンスを定期的にするのならまだ大丈夫ですが、基本的にはオススメしません。

その他のデメリット

型が古いものや、車体の生産数が少ないものが多いのでなかなかカスタムなどパーツを揃えるのが大変です。純正のものしか合わないこともあります。

パーツを購入するだけで、高くつくので、私は純正、カスタムなしで愛用していました。

 

おわりに

どうでしたか?

私が5年愛用していたピンクナンバーのメリット、デメリットを書きました。
そこまでこだわりがなく、安く抑えたい、利便性をとるなら125ccのピンクナンバーはとてもオススメです。

私はピンクナンバーのアメリカンを愛用していたのてすが、回りから珍しがられとてもレア感がありました。
そこまで大きくなく、憧れのアメリカンが安くで乗れたのは幸せでした。

これからバイクの免許をとろう、購入しようと考えている人に少しでも参考になれば嬉しいです。

楽しいバイカーライフをあなたに。