【高校生必見】リレー必勝法

5月 31, 2019


もりみち

どうも、もりみち(@morimichi_t)です。

運動会や体育祭が行われる季節になってきましたね。

自慢じゃないですが、僕は高校3年間リレーで1度も負けたことがありません。

自慢でしたね笑

そんな僕が考えた徒競走、リレー必勝法を伝授したいと思います!

しかし、このやり方は少々強引で、ズル賢いやり方なので、多少の非難されることは覚悟してください。

正攻法で勝ちたい方は読まないでください。

本当に勝ちたい人だけ読んでください。

 

それでは紹介します。




 

中高生必見!!体育祭徒競走、リレー必勝法!!

はじめに

はじめに僕の高校時代の50mタイムは 6秒3です。

まあまあ早い方でしたが、僕と同じか早いやつはごろごろいました。

この必勝法は圧倒的早い相手では、厳しいですが、同じくらいか、ちょっと早いくらいのやつならとても有効です。

 

 

必勝法① 良いスタートをきる

とりあえず良いスタートをきる!当たり前のことですが、とても大事!
これは、特に第一走者に適用されます。

より短い距離なら、スタートを成功させれば、100%勝てます。

リレーでも、100-200mくらいならスタートが一番の肝です。

良いスタートをきり、内側を確保する。これだけです。

万が一出遅れたとしたら、次の方法にいきます。

 

 

必勝法② コーンの内側から抜く

はいこれです。すごい批判が集まりそうです。

2番手、3番手に着けている時に外から抜くのはとてもタイムロスです。
コーンの内側は若干隙間があります。

あと、そんな厳しい学校でなければ、怒られることもありません。一つや二つコーンの内側を走りましょう。

ただし、レーンが固定されているリレーの場合は不可です。

それでもまだトップに立てない場合は、最終手段。

最後の方法を実戦してください。

難易度がとても高いです。

 

 

必勝法③ 自分の先頭、前の走者のバトンを落とさせる

これは、とても難易度が高いです。

失敗すると自分のバトンも落とす可能性があります。

しかし、うまくやれば、ナチュラルに相手がただバトンを落としただけに見られます。

 

少し分かりづらいと思うので詳しく説明すると

例えば
自分が2番手、3番手に着けているとして、前の走者が目の前にいるとします。

ここで、前の走者が左手にバトンを持っていたとします。

そしたら、自分は右手にバトンを持ちます

 

そして、腕を振る動作に合わせて、右手に持っているバトンの先端を前の走者の左手に持っているバトンの一番下グリップのつけねあたりにバトン同士を当てます

すると、ロケット鉛筆みたいに前の走者の手からバトンがするりと抜け、地面に落ちます。

注意する点は自分がバトンを落とさないように当てた衝撃でもしっかりバトンを握ることです。

これで自然に前の走者がバトンを落とし、離脱した隙にトップに立てます。

 

 

おわりに

どうでしたか?

正直めちゃめちゃせこいです。

でも本当に勝ちにこだわるならこれぐらいやってもいいと思います。

もちろん、正攻法で、スポーツマンシップに乗っ取って正々堂々と勝負してください。
この方法を使って失格になったらごめんなさい。

こんなズル賢い方法もあるよということだけでも頭の片隅に置いといてください。